カスタマイズ カスタマイズ カスタマイズ

2022苗栗アトラクション苑裡ウォータービーチマッチャストーンコースト|インターネットセレブチェックイン新しいアトラクション

最終更新日:2022-06-25

▌瞬く間に人気を博したインターネットセレブの秘密の領域

苗栗県苑里鎮の「滝浜」は、もともと苗栗県の景勝地でしたが、昨年は潮間帯の石にたくさんの緑藻が出現し、多くのインターネットセレブや写真家を巡礼に誘いました。丸い緑の石桶、苗栗と同じように「苗栗」とも呼ばれています

以前の経験によると、早ければ2月に始まり、今年の後半に3月中旬に現れ始め、6月に終わります。季節限定の美しさです。温暖な気候と相まって、北東モンスーンの弱体化、潮間帯石は緑藻の層で覆われます北海岸のラオメイ緑の石の谷は多くの写真家が訪れる場所ですが、多くの人が知らないのはそこにあるということですミアオリのこのような場所で、海岸線の長さは約200〜200メートルです。「干潮」の間に、大小のマッチャストーンが現れます。

ただし、誰もが石桶環境の安全と保護に注意を払い、緑藻を直接踏まないようにし、旅程を決める前に最新の「万里抹茶指数」を確認することを忘れないでください。デイリーディングクラシックタウンツアー、最も美しい景色を見逃さないように、ここユアンリタウンオフィスはワンリ抹茶インデックスを提供し、非常に親密な時間を組み立てました

わんり抹茶インデックス
2022苗栗アトラクション苑裡ウォータービーチマッチャストーンコースト|インターネットセレブチェックイン新しいアトラクション23

▌抹茶はどこにありますか?

ヒント:クリックすると写真が大きくなります!!パノラマ写真を上下左右にスワイプすると、さまざまな視点を見ることができます、最後に驚きを見てください

住所:苗栗県苑裡鎮358(チュシュイビーチを直接検索するか、下の地図をクリックしてください)
電話:なし
営業時間:いつでも
駐車場はありますか:❌近くに駐車場があります
トイレを提供するかどうか:苑裡市役所は、中水路(苑裡鎮海芸術文化センターに面して左に20メートル)の小さな公園に足湯、水遊び場、3つのトイレを設置しました。近い将来、一般に公開されるはずです!

▌中水浜に隣接するユアンガンレインボーブリッジ

中水浜に向かう途中、アーはとても綺麗な虹の橋を見て写真を撮るのをやめました。バイクに乗って写真を撮れる車線が1つしかないので、バイクでここに来ることをお勧めします。写真を撮っているようには見えません:D

写真を撮って帰ろうとしたところ、隣の橋の下で牡蠣を摘んでいる人を見かけました。とても特別な気持ちでこの写真を撮りました。ここで食べ物を大切にしてください。すべての食べ物が手に入りにくいです。

その後、中水浜に行きます。途中、苑裡鎮海芸術文化センターを通ります。ここにはいくつかの展示会があります。重要なのは、中水ビーチにトイレがないことです。トイレ、ここでトイレを使うことをお勧めします。もう一度行きます

▌ビーチの美しい景色

中水浜に初めて到着したときは、太陽が比較的恥ずかしがり屋で雲の後ろに隠れていたので、天気はあまり良くありませんでしたが、マッチャ指数が良くないので、まだまだ観光客や写真家がたくさんいました。ビーチの海線全体がとても長く、少し南に有名な砂丘の風景がありますが、私がいたときは天気があまり良くありませんでした。ここに来たので、写真を撮りに行きませんでした。

護岸から浜辺に降りると、大きな抹茶が出てきますが、通常は前の色が濃く、後ろに行くと大きな鮮やかな緑の抹茶が出てきます。ここに観光客が来ます。ここに来て、たくさんの写真家が写真を撮るためにここに来ます。

目の前は河口の真向かいですが、河口に面した抹茶を他の位置で撮影する方法がないので、誰もいないときにここで写真を撮るのもいいですね。感じて、撃ちたいなら早く来るのを忘れないで

抹茶の石が比較的高い場所では、このようなクローズアップ写真を撮ったり、遠くを見ているような感覚を味わうことができますが、このような石はどこにでもあるわけではありません。あなたはそのような石を探す必要があるかもしれませんヒープ、誰もがより緑の石を見つけるために後ろに行かなければなりません

ビーチ全体の真ん中にはクレセントムーンベイのような小さなプールがたくさんありますが、今回は風が比較的強かったので、このようなクレセントベイの写真しか撮れません。風が比較的小さければ水面は穏やかになります。同時に、空の鏡の写真を撮ることができます。重要な点は、水面の波紋があまり目立たないようにする必要があります。そうしないと、鏡を撮る方法がありません。空。

近くには食べ物を探している海鳥もたくさんいますが、どれもおびえやすいので、遠くから撮らないと綺麗な姿が撮れないかもしれません。

時々、浜辺を歩いている人や、ふさわしい写真スポットを探している人もいます。目の前にある抹茶の山をホイルにすると、まったく違う気分になれます。

▌日没時間

その日は雲が濃かったので、まだまだ太陽が高いときに夕焼けを撮らなければなりませんでした。天気が良ければ、ここで夕焼けを撮るのはとても美しいです。海に夕焼けの光を当てると、もう一つの別の感じです、これは比較の後半の抹茶石です、あなたはそれが比較的完全であり、全体的な形が完全に異なっていることがわかります

そして、後ろの部分には真っ直ぐに伸びる緑の石桶の別の部分があり、ビーチ全体が長い唯一の場所です。抹茶でできた楽園の道のようです。これも人が少ない場所です。に来てください。機会があれば、このセクションに散歩に来ることをお勧めします。予期しない驚きがあります。

最後に、エンディングとして抹茶と夕焼けの2枚をお送りします。ここに来たら、下のコメント欄に写真を入れてください。

▌中水浜の総合評価・推奨指数

推奨インデックス:❤❤❤❤

ここの景色は美しく、海面に沈む夕日が一望できます。残念ながらトイレはありません。夏なら水遊びもおすすめです。近くには足を踏み入れるアトラクションもたくさんあります。 。

特記事項

抹茶の石が見えないように、まずは万里抹茶インデックスをお読みください。
トイレに行きたい場合は、アートセンターが開いているときに最初にトイレに行くことを忘れないでください。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。