カスタマイズ カスタマイズ カスタマイズ
北港老街北港橋

北港老街[雲林県の見どころ!

雲林北港の景勝地といえば、きっと思い浮かぶでしょう北港老街、ここにはたくさんの珍味があり、スナックから大きな特産品まで、多くの地元の人々がいます揚げパンクエパスタペースト偽の魚の浮き袋カエルのスープハロゲン雲林はアヒルを育てる重要な場所であるため、多くのアヒル料理が開発されました。老寿ダックライス福安ダックライス李記ダックスープ待って、お土産として必需品の日興堂のフラットケーキもあります. また、北港朝天宮まで行くこともできます. 北港は台湾の媽祖で最も重要な信仰の場所の1つでもあります.

ヒント:クリックすると写真が大きくなります!!パノラマ写真を上下左右にスワイプすると、さまざまな視点を見ることができます、最後に驚きを見てください

▌ 北港老街の場所

住所と地図

雲林県北港鎮中山路651号

営業時間

24時間営業

– 附近停車 –

北港老街の駐車場はここにあり、北港朝天宮を通り過ぎてすぐです。

651雲林県北港鎮中山南路21巷36号

▌ 北港老街の注目店

ヒント:クリックすると写真が大きくなります!!パノラマ写真を上下左右にスワイプすると、さまざまな視点を見ることができます、最後に驚きを見てください

北港橋から最初に車を停めると国春胡麻油店が見えますここの胡麻油はとても有名で、他の場所に行って一生懸命働いている多くの雲林の人々がここに胡麻油を買いに戻ってきます.Zhenxing Cinemaは昔の映画館で、入口にはかわいい媽祖像があり、今はケーキ屋さんになっています。

食べ物を食べる前に、あなたも行くことができます北港朝天宮散歩して媽祖の祝福を祈る

▌ 北港老街グルメ

– 福安鴨肉飯 –

25元の銅板価格ダックライス香ばしく食欲をそそるソースをかけて注文鴨肉のカッティングプレートアヒルのスープ水のスープ、フアンは三角窓の店先に属しているため、屋内の席に加えて、道端のアスファルト道路には屋外のテーブルと椅子が配置されています。メニューに加えて、テレビのインタビューの写真がたくさんあります。 「食商人」の取材の他、「北港に来たら必ず参拝すべき鴨飯」としても知られています。

– 老受鴨肉飯 –

老寿ダックライス福安ダックライス雲林北港天后宮で最も人気のある2つの帰省料理で、休日は混雑することが多く、並ばないと食べられません!

– 北港圓仔湯 –

といえば北港朝天宮前の元子スープ純粋な手作りの作りたてのスープにこだわるなら、暑い夏に冷たいユアンザイスープを飲むと、よりさっぱりすることを多くの人が知っておく必要があります。北港元子スープ茶碗の隅から売り始め、創業70余年、現在は3代目に受け継がれています。

▌路地裏の面白いもの

珠源内科から入ることができる北港老街の隣にも路地があります。馬の少年ジ・ヤー・シュアン暗い通り春の茶室の販売壷の壁その他の特徴を撮影できます

この珠源内科が見えたら、入室できます。馬の少年、青いコートと帽子を身に着けている馬の少年彼らが着ている服には実は深い意味があり、媽祖の四つの精神である「充足、成長、感謝、財宝」を暗示しています。新聞の馬の少年に付けられたすべてのアイテムには意味があります. この写真では、新聞の馬の少年がドレスアップして登場し、詳細な紹介も行います. テキスト版を見たい場合は、ここ見て

暗い通り公口街(中山路)の脇道であり、枋県市場と貢河街の端にある米街の間の幹線道路でもあり、宮口街に負けない賑わいです。

– 集雅軒 –

清王朝の咸豊時代に設立されたJiyaxuanは、伝統的な曲関の建物を持つ雲林で唯一の北関コミュニティであり、曲関は郡指定の史跡であり、博物館の多くのアイテムは雲林郡が指定した一般的な古美術品でもあります。事務局はヤシュアン文書と文化遺物のコレクションを登録し、これは第3回国家記憶登録簿の栄誉となりました。

清王朝道光数年後、北港朝天宮あれは台湾本島媽祖の信仰の中心であり、媽祖の誕生日が香るたびに、信者は北港に巡礼に行きます。ベンガンさまざまな芸術団体が集まっています。民俗音楽の全盛期には、北港の南関には吉賓クラブ、武城閣、吉賢閣、南華閣があり、北関やその他の民俗アンサンブルには、嘉萬、和県、仁和園、金楽クラブ、金生会、真威一座、金勝順が含まれていました。 、および西洋音楽には、北港オーケストラ、立生オーケストラ、新生オーケストラ、シャープマークスオーケストラなどが含まれます。[1]

– 甕牆 –

暗い通りの隣にこんな特別な場所があり、120個のワイン壷で作られた壷壁は現存する最大の壷壁記念碑です。初期の裕福な人々は空のワイン壷を建材として使用していましたが、壷の壁については 2 つの説があります。鹿港、商業開発による本土との頻繁なやり取りのため、船が戻るたびに使用されますもみ、石積み、紹興酒壷は安定のためにバラストになります。 2つ目は、古代の家族に新生児がいる場合、紹興酒は地面に埋もれるということです。息子の場合、高校と最初に成長したとき、紹興でゲストを招待し、「荘元紅」と呼び、娘の場合、「娘の赤」と呼び、持参金アイテム。

– 賣春茶室 –

壷壁の隣には売春茶室もあり、当初は飲屋の予定だったが、諸事情により開店しなかったため、完成した看板を立てて吊るすことができる。

▌全体的なレビュー

❤❤❤❤

北港老街には、北港大橋、媽祖、北港朝天宮、人気の地元料理や軽食など、グルメな軽食や史跡がたくさんあります。老街は朝天宮と一緒に行くことができます。

AaforFUNトラベルマップ

茶色コーヒーマグ=デザート、ドリンクショップ、軽食

ナイフとフォーク=夕食、軽食

濃紺月=夕食

紫のベッド=宿泊施設

星=アトラクション

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。